立桨冲浪(SUP) 马上预约

432案例
最后修改
评分4.9
2,779(评论)

全国のサップ(SUP)・スタンドアップパドルボード体験・ツアーをエリア別に紹介。関西では滋賀・琵琶湖の白鬚神社SUP(サップ)体験が子供連れ家族に人気。沖縄・恩納村のサンセットSUP(サップ)体験はカップルのデートにおすすめ。群馬・四万湖や世界遺産の山梨・富士五湖のSUP(サップ)体験ツアーも人気。

本周末缩小范围

SUPのよくある質問

  • QSUP(サップ/スタンドアップパドルボード)とは?
    A『Stand Up Paddleboard』の頭文字を取ってSUP(サップ)と呼ばれるアクティビティは、近年人気のウォータースポーツです。『パドルサーフィン』とも呼ばれています。サーフボードよりも少し大きな板の上に立ち、パドル(櫂)で水を掻いて波に乗ります。世界各地で広まっており、大規模な大会も開催されています。
  • QSUP(サップ)のボードやパドルなど、道具の選び方は?
    ASUPで使用するボードやパドルには、様々な種類や大きさ・長さのものが存在しています。初心者には『オールラウンドタイプ』のボードがおすすめです。幅と厚みのあるボードであれば、安定感も高くなります。パドルの長さは用途やボードの種類によっても変わりますので、アジャスタブルタイプのパドルを選択するのもよいでしょう。
  • Qどんな服装でSUP(サップ)に参加すればよい?
    A夏はビキニ、Tシャツにショートパンツなど、軽装でSUP(サップ)を行う人も。しかし夏は日差しが強く、日焼けをして体力を消耗してしまうため、ウエットスーツやラッシュガードを着用するのがおすすめ。SUP(サップ)体験中にボードやパドルが体に当たり、ケガをする可能性もあるので肌の露出は控えめにしましょう。
  • QはじめてのSUP(サップ)、どこで体験できる?
    ASUPは海だけではなく、川や湖でも楽しめます。ウォータースポーツが盛んな沖縄はもちろん、湘南や房総、山中湖や琵琶湖など、都会に近い海や湖にもレンタルショップやスクールが増えています。初めてSUPを体験するにはまず、初心者向けの体験ツアーに参加してみましょう。楽しく安全にSUPの魅力に触れることができます。
  • Q漕ぎ方のコツや基本は?
    A水上に出る前に、陸上でパドルワークの練習をしておきましょう。パドルは自分の体よりも前、両腕とパドルのシャフトできれいな三角形を作るように持ちます。上から下に振り下ろすイメージで、パドルを水面にまっすぐ差し込みます。まずは正座した状態で漕ぎ、慣れてきたらゆっくりとボードのセンターラインをまたぐようにして立ち上がります。
查看收藏夹列表

请稍候

按活动/经验搜索
载入中